ツアーで沖縄に行くには、いつまでが予約可能なのか

沖縄は飛行機での旅行となります

沖縄へは、飛行機での移動手段になります。そして、自分でエアーの手配や、泊まるところの手配も可能ですが、やはり、tourに申し込んでいくほうが、安上がりにはなります。団体での割引や、エアーも前倒しで予約しているので、チケットを安く購入することが出来ます。全体的な旅行の金額が、ツアーの場合は安くなってきます。決まったコースで集団行動もあるのですが、今はフリーの時間を多くとっているところも多くあります。そそういうツアーは魅力的です。

ツアーではいつまでの予約をするべきか

個人で旅にでかけるのと違って、tourの場合は、飛行機の予約の関係もあるのでできれば早い目に予約はいれておくべきです。沖縄にいくのに、電車でいくことはできないので、飛行機か、もしくはフェリーなどを乗り継いで行きます。個人での旅行であれば、エアーの空きがあれば、その日でも搭乗することは可能です。急な出張などで必要な人にとってはありがたいでしょう。ただしいくつか条件があり、安いチケットを購入している旅行会社に申し込むのであれば、一週間前には申し込む必要があります。そこがタイムリミットになります。

店舗の申し込みとネットでは違ってきます

店舗にいって、ツアーの申し込みをする場合と、ネットからの申し込みになる場合は、タイムリミットも少し違ってきます。店舗なら直接入力などがおこなえるので、7日前までで、ネットからの申し込みは少し時間の余裕が必要になってくるので、8日前までとなります。ここに一日のタイムラグがあります。家で、ツアーの内容を見ながらいろいろと調べて申し込むのはすごく便利ですが、旅行の日の一週間前まででいいという認識はすたるべきです。

取り消し料金が発生する期間まで有効

旅行で嫌な思い出でになっているのがじつは取り消し関連です。一週間を切ってしまうと取り消しのお金が発生する期間になります。まだ一週間前なら、旅行代金の10パーセントくらいですむのですが、前日にキャンセルとなると半額は払う必要になります。旅行での会社によると、この取り消し料金の割合も異なってきます。国内の旅行であれば、この期間がとりけしができるりぎりの期間にとなりこの時に申し込むと、やっぱりやめると言ったらいきなり取り消し料金が発生します。

同じホテルでも旅行会社で値段は違います

同じホテルにとまり、日程も同じであっても、旅行会社によっては代金が違ってくることはよくあることです。飛行機が違うとか、ついているオプションが違うとか、まったくのフリーのプランになっていて、現地でオプションを申し込むとかいろいろと内容は異なってきます。ネームバリューのある旅行会社だと、信頼料金などの金額によって、全体の値段が上がっていきます。安心できる内容のツアーだと思える内容のところを選ぶのがベストです。